「仮想現実」と「可創現実」

 「かそうげんじつ」読み方はどちらも同じ。しかし、意味は異なります。

 

1,「仮想現実

 弊社の「ストライクガシェッド」を筆頭にVR技術を駆使した二次元と現実(三次元)をより密接に近づけるという、弊社のポリシーを一言にまとめました。

 ユーザーの皆様がより、彼らや彼女らに近づけるように弊社はVR技術の発展に貢献します。

 

2,「可創現実

 皆様のお仕事や勉強している内容は一体なんでしょうか。

 エンターテインメントコンテンツの制作に関わっている方は、どのくらいいらっしゃるでしょうか。

 弊社は、エンターテインメントコンテンツの制作をする業界で働いていない方でも、気軽により簡単にコンテンツ制作に関われるように、ファンの皆様と業界の架け橋となるべく努めてまいります。